BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:直腸癌 ( 67 ) タグの人気記事

___________________________________________________________________________
本日は早朝より回診
朝食前からの回診は珍しい
オペの件数が多いらしい
昨日入院してきた、自分の隣りのベッドのお爺ちゃんも、その中の1人のようだ
カーテン越しにエールを送った
早朝回診では、初めて「退院」の話しが出た
出だしが最悪だったので、具体的でないにせよ嬉しい!
がっ、組織の培養検査の結果はマダである
「判決」が出ない事には、単純に喜べない

午後、明るいDr、H氏が「抜いちゃおう!」と来た
シャワー前だったが、そのままベッドに横になると
「チャッチャッ!」と、最後となった「お尻のドレン」が抜けた
そのままシャワーに直行
傷を看護師さんに洗ってもらう
段々と元気になってきたせいか?
娘ぐらいの看護師さんに、お尻を洗われるのが恥ずかしくなってきた(笑)
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:38 | 直腸癌との闘い

☆ 7月17日

___________________________________________________________________________
何だかまだ「自分の身体でありながら、自分のでない」感が大きい
何度かの入院で、いつも感じるのだが
「俺の身体だ!」とムチャをしたり、不摂生をしたりする
自分のであれば、自分でコントロールが可能なはずだ
それが体重一つとっても、コントロールがままならないのが現実
「やる気になれば!」と言う方もいるだろうが
体重はその程度でも可能だろうが
血圧、心拍、なんて無理である
誰かが「身体は借り物!」と言ってたが
この場合は「神」や「自然」「宇宙」から借りていると考えればイイのか?
今、なんとなく大きな力に生かされてる気がする

マサヤン夫婦が来てくれた
保険の請求セットをお願いしておいたら
速攻でもらってきてくれた、感謝!
まだサラリーマンになりたて、安月給の時に半強制的に加入させられた保険だが
こうなると「ありがたい!」の一言である
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:36 | 直腸癌との闘い
___________________________________________________________________________
世間では月曜日ですが、連休の最終日でもあるんですねっ!
昨日の日曜日と同様に、静かな病院生活です
昨日の日中にシャワーをしたせいか?
お尻の傷あたりがヒリヒリしてますが、歩きにくい程度であり、薬までは必要としませんが・・・
本日もシャワーでしっかり洗っておきましたが(^_^;)

夕方、色々と活躍してくれたIVHの管が抜かれました
あとは「お尻のドレン」だけ
外見上は何も着いてない状態にもどりました
食事もIBDの常食になって、食欲はあるのですが
食事を始めると、汗が出てくるし、妙に疲れるし!?
食事に体力がいるなんて、今までほとんど感じなかった
まだまだですなぁ(>_<)
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:34 | 直腸癌との闘い
___________________________________________________________________________
日曜日の病院は静かです
検査が無かったり、回診が無かったりで
患者さん達がユックリ養生できる日です
看護師さんも少し余裕を感じさせます
担当看護師さんが「シャワーをしませんか?」と聞いてきた
身体中が汗臭いし「是非とも!」とお願いした
午後から、先ずは自分で洗髪と身体を洗い
ドレンの残るお尻、ストーマの洗浄を看護師さんにお願いした
頭からお湯をかぶり、シャンプーする気持ち良さ
体の隅々まで洗い流す
仕上げに看護師さんが傷口を洗い
ストーマの取り外しとなった段階で
「自分でやってみますか?」と
恐る恐る、水で濡らしながらストーマの粘着部分をはがして行く
無事にはがし終わると、今度は洗剤を泡立てストーマの洗浄
指の腹で優しく洗ってあげました
洗剤を洗い流しシャワー終了!
ベッドに戻り、今度は新しいストーマを装着します
カミさんが面会に来ていたので、ついでに見学させてもらいました
初めて見るストーマに驚いただろうが
看護師さんの説明や手順を聞き、何となく理解したようである
退院後は、モチロン自分自身でストーマ管理をするつもりだが
トラブルの際はカミさんが介助してくれた方が助かるだろうしなっ!

常食とエレン4Pに
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:31 | 直腸癌との闘い

☆ 7月14日

___________________________________________________________________________
だいぶ体も付属パーツが取れ、身軽になってきました
傷の痛みも、だいぶ治まってきました
お尻、ストマ、腸、腹と各所を切っているので
鈍痛でも重なると厳しいっす
寝る前に「痛み止の薬」を貰うか悩みましたが
無しでも大丈夫でした、ホッ!

食事は5分粥に、エレンタール2Pに
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:28 | 直腸癌との闘い
___________________________________________________________________________
外科は、いつも突然
回診に来たと思ったら
「お腹のドレンを抜きましょう!」と
サッサと抜いて行った
ドレンのあとには絆創膏をパチッ!と貼っておしまい
これで点滴用のIVHの管とお尻のドレンだけ
外見だけだと何も着いてないようだ
動きもマスマス軽くなる・・・・が、まだ痛い(笑)
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:26 | 直腸癌との闘い

☆ 7月12日

___________________________________________________________________________
不思議なものである
1晩寝ただけで、動きやすくなってる
本当にちょっとの違いだが、嬉しい事である
昨日までは打ちたくなかったメールが打て、雑誌程度ならパラパラと読む気になってきた
本日から夜間にエレンタールを1Pづつ経管栄養、1日毎に増やしていく
何事もありませんように!祈!!
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:24 | 直腸癌との闘い

☆ 7月11日

___________________________________________________________________________
痛みは時々襲ってくる
一般的にはそろそろ飲み薬の痛み止らしいが
自分は持病の「クローン病」があるので、点滴にて注入
コレが意外と落とし穴
飲み薬だと「痛い!」となったらスグ飲めるのだが
自分は「痛い!」となってから看護師に連絡
ソレからオーダーし・・・
点滴で注入されるまで時間がかかり、その間にジワジワと痛みが増し
「痛ったたたっ!」と我慢できなくなってくる
同時に熱まで上がってくる凹

まだ寝たり起きたりが辛い
メールもチェックはするが返信を打つのが辛い凹
仕事絡みだと返信しないと怪しまれるので、頑張って返信する
それだけで疲れた
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:21 | 直腸癌との闘い

☆7月10日・流動食

___________________________________________________________________________
水分が問題なかったので「流動食」が始まった
ほとんどスープだが、少しずつ回復してきた実感が味わえる
熱も平熱までとはいかないが、だいぶ下がってきたので楽である
カミさんに「洗髪」をしてもらった
サッパリして気持ち良かった(^O^)
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:19 | 直腸癌との闘い
___________________________________________________________________________
f0127408_20171176.jpg
熱が安定してきた(笑)8ドハコエテルガ
さてっ、1階のレントゲン室まで行かなくてはならないらしい
車椅子が迎えに来ますが
「お尻を切ってて、ソコにドレンも入ってるんで座れないんですがぁ( ̄〜 ̄;)」
看護師君がマジに悩んでる!?
「じゃあ、杖代わりに俺が車椅子を押して行く
距離が長いから、途中で無理そうだったら車椅子で戻ってこよう!」とオイラから提案
病棟の端の自室からエレベーターホールまで歩き
エレベーターで1階へ
放射線のフロアーまで歩きレントゲンを撮影
そして来た道を戻る
部屋に着くと看護師君が
「hisayukiさんは昔、ヤンチャなタイプだったんですか?」と訊いてくる
「えっ、そんな事ないよ!何で?」と答えると
看護師君は「これだけ切って、熱もあって、2回目の歩行でコレだけ歩く根性がある人は少ないデス」と
「歩かないと治りも悪いんだろっ?」コチラが言うと
看護師君は苦笑いしてた

よく歩いたせいか?
排尿チューブが抜かれた
かなり神経が集中してる場所を切ってるので、排尿障害をおこす事もあるらしく
Drもソレが心配だったらしい
尿は無事に出てくれたが、尿道がピリピリと痛い凹
あと、膀胱が縮んだのか?すぐに尿意をもよおす
看護師に話すと
「出ないより、出た方がイイと思ってください」と
看護師もDr同様、排尿できない事を心配してたらしい

辛い事ばかりだが、水分摂取の許可が出た
口がカラカラで嗽程度だったので嬉しい
熱があるからよけいだよねっ!
早速、カミさんにオネダリした
夢にまで見た「氷アイス」
本当は某コンビニの「ハロハロ」が食べたかったが(笑)

久々の水分に生き返ったぜっ!
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 20:17 | 直腸癌との闘い