BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:読書( 102 )

★ 螺鈿迷宮

___________________________________________________________________________
f0127408_17551561.jpg世間が三連休だと思うせいか?少し仕事が落ち着いたせいか?仕事に身が入らない日
まぁ、たまにはありますなっ(^-^ゞ
そろそろ遊びに行きたい(笑)

なんて言いながら、台風やら通院やらで読書も進み
読んだのは、海堂 尊の「螺鈿迷宮」
「ブラックペアン1988」の後にコレって、海堂ファンには
「お前、読む順番が全然違ってる!」って言われるのが、読んでて分かるよ
バチスタ・スキャンダル?氷姫?なんだもの(笑)
でもオモロイ!

でも、内容は「ブラックペアン1988」しか読んでないオイラには上手く書けないよぉ(笑)
老人介護センター、ホスピス施設と寺院を一体化させた複合型病院で、次々と亡くなって行く患者
終末期医療のありかたについてを問う作品

やっぱり順番どうり読もうっと(^_^.)
[PR]
by hisayuki320 | 2011-09-25 23:45 | 読書

★ 密告

___________________________________________________________________________
f0127408_9231627.jpg雨が続いたので久々にユックリ読書タイム

著者・真保裕一の「密告」
真保裕一は「ホワイトアウト」が映画になったよねっ!

真保さんの書く主人公って、何だか皆似てる

女扱いが下手で、生き方も不器用な男

読んでいて主人公にイライラしてくる(笑)

今回の「密告」は特に(-_-)

密告の疑惑をかけられた主人公が、本当の密告者を探す
主人公が暗い過去を引きずりながら・・・
夏のプールサイドではなく、冬の寝床にベッドライト一つで読むとイイかも
ただし、眠りについた時に見る夢は楽しい夢でないだろうが・・・
「密告」のタイトルがピッタリの本であった
[PR]
by hisayuki320 | 2011-08-23 23:02 | 読書
___________________________________________________________________________
f0127408_22315587.jpg
久々の旅でユックリできて、久々のイッキ読み(*^。^*)
海堂 尊の「ブラックペアン1988 」

オイラこの人の作品は初めてだったんですが
もしかして・・・読む順番が違ってましたか?(・_・;)

所々で思わせぶりな表現が・・・・
イッキ読みしたぐらいだったからモチロン面白かったケド
うわぁ~っ!
「hisayukiさん、やっちゃいましたねっ!コレはコノ作品の後に・・・・」
なんて言葉は聞きたくないよ~っ(笑)

コノ本のキイポイントになる患者の病名が「クローン病」なのにビックリ
自分のオペの時を思い出したりして^_^;
著者がお医者さんだろうなぁ?って予想は当たってたみたいだねっ!?

他のも読みたいがドレから読んだらイイんだよ~っ?
(=_=)
[PR]
by hisayuki320 | 2011-08-11 22:53 | 読書

★ 連 鎖

___________________________________________________________________________
f0127408_12472274.jpgいくら忙しい!とは言っても
雨では乗れない、いゃっ、乗りたくないバイクや
出かけなくては行けない、映画やキャンプと違い読書はしてるヨ!
只、忙しくてブログれないだけ(笑)

あまり時間が経つと感想も書けなくなってしまう、容量の小さいオイラの脳ミソ(´ω`)

さてっ、今回は忘れないうちに…・・と

「連鎖」著者・真保 裕一
わるくはない
凄くイイわけでもない
何だろう?前半と後半のバランスが悪いのかなぁ?

ジャーナリストである友人の事故は、自殺未遂か殺人未遂か?
その友人が追っていたネタを、仕事で追う事となる主人公

偶然ではあるが、食品Gメンの主人公が、残留農薬食品の横流しを調べていくうちに放射能汚染食品まで・・・
時期が時期だけに気になる内容
今回の原発事故でもそうだが
自分達の健康にかかわる事なのに、何か事が起きなければ「知らんかった!」って事は多い

本当は、それではイカンのだがなぁ(´・ω・`)

ストーリー的には、女をうまく絡め進んでいきます

よく調べました!的な作品デス
[PR]
by hisayuki320 | 2011-06-17 22:59 | 読書

★ 総 会

___________________________________________________________________________
f0127408_22184141.jpg
週末が田植えなので、今週はソノ準備に追われてます
畑をオイラとお袋さん
田んぼを親父殿
なんて具合に作業分け

一応、予定どおりに進んでおります(^_^;)

本日は雨だったので、オイラはビニールハウス内の作業
親父殿はカッパを着て田んぼの代掻き(笑)

そして夜は地元のJAにて各部会の総会

懐かしい友達に沢山会えて楽しかった(⌒0⌒)

中でも、バイク仲間の竜ちゃんは超ご無沙汰!
「hisayukiさん、働きすぎ!」って注意されちゃった(笑)

帰りがけに手に入れた新刊( ̄▽ ̄)b
読む暇は・・・
[PR]
by hisayuki320 | 2011-06-02 22:18 | 読書
___________________________________________________________________________f0127408_003038.jpg
知らんかった( ̄□ ̄;)!!
キリン1 ?

何か変( ̄〜 ̄;)?

ペラペラと捲れば!?

キリン新章開始だと〜っ?
The Happy Ridder Speedway
映画化も決定!?

どの章を映画に?この章?
でも何でこの章だけ1からスタートするの?
[PR]
by hisayuki320 | 2011-05-10 00:00 | 読書

★ アヴェンジャー

___________________________________________________________________________
f0127408_2285984.jpg
農閑期なので久々に読めたっす

フレデリック・フォーサイスの「アヴェンジャー」

世界中に逃げた凶悪犯を捕らえ、法の手に引き渡す裏稼業をもつ弁護士デクスター
彼の過去や、「ボスニア紛争時にボランティアとして現地で働いていたアメリカ人の学生をなぶり殺しにした後、南米の某国に高飛びしたユーゴ・マフィアでセルビア人の男・ジリチを捕らえてくれ」との依頼

全てがフォーサイスらしくリアルに書かれている

自分的には、ベトナム戦争従軍時の彼の過去のあたりが好きなのだが
とにかくフォーサイスらしい作品

ラストで「ニヤッ!」とさせてくれる作品だった
[PR]
by hisayuki320 | 2011-01-23 22:45 | 読書

★ 輝夜姫

___________________________________________________________________________
f0127408_015192.jpg
本当はバイクのツーリングに行くハズだったが
急なト〇レで迷惑をかけると申し訳ないので諦めた(-_-;)

ちょうど曾婆ちゃんの命日だし
家族で墓参りして午後はノンビリ過ごした

数日前に「パパ、コレなんか好みじゃない?」と、娘が貸してくれた漫画を読む
清水 玲子の 「輝夜姫」

さすが!オイラの好みをよく知ってる娘(笑)

女本では成田美名子のファンなオイラ
登場人物とそのファッションまで完璧
絵がとにかく綺麗

この清水玲子もすごく綺麗な絵
タイトルからも窺えるように竹取物語を上手くからめたSF物

竹藪で拾われた娘が育ったアル島の施設
ソノ施設の仲間達は臓器を提供する目的で作られたクローンだった・・・

女性なのに戦闘機や銃器も上手く書くし
チョイ引っ張りすぎ感はあるが
「面白かった!」
[PR]
by hisayuki320 | 2010-12-19 00:58 | 読書

★ 報復 ふたたび

___________________________________________________________________________
f0127408_23331893.jpg
仕事も落ち着いてきたせいか?雨のせいか?就寝前の読書をする余裕が出来てきた
ジリアン・ホフマン の「報復」の続編、「報復 ふたたび」
前作が45万部突破のベストセラーだっただけに、作者のプレッシャーは計り知れない

前作の表紙帯で「P・コーンウェルも裸足で逃げ出すだろう」とアオッた事もあり
どうしてもパトリシア・コーンウェルと比べられるしねっ!

ところが意外と力がイイ感じで抜けてる感あり
チョイとパトリシア・コーンウェルからジェフリー ディーヴァーを意識して書いたんでないかい?的な

続編だけに前作を読んでからでないと、良さが半減してしまうであろうが
ジリアン・ホフマン、「もういっちょう読んでみるか~っ?」と、またまた思わせる
3ツ星ではないんだけど、次に行った時には3ツ星店の味になってるかも?と、妙に期待して行ってしまう店的なぁ(笑)

ある意味巧いやねーっ(*^。^*)
[PR]
by hisayuki320 | 2010-10-10 23:33 | 読書

★ 報 復

___________________________________________________________________________
f0127408_2145268.jpgいったい何か月かかって読んだんだろう?
けっしてコノ本がイマイチだった訳ではない
旅に出る機会もなく、通院の点滴投薬の時は疲れて寝てしまい、夜も・・・・と
ただ単に読む時間が無かっただけである(^_^;)

さてっ、今回は著者ジリアン・ホフマン「報復」

ブロンド美人ばかりを狙い、狂人の様に被害者をいたぶりレイプし、生きたまま心臓をえぐり出す連続殺人犯
逮捕した犯人と対決する、やり手の女性検事補C.J
しかし、法廷で彼女が犯人の声を聞き蘇る記憶・・・
犯人は12年前に彼女をレイプしたピエロのマスクの男であった!

読んでるうちに感じたのは、オイラの大好きなP・コーンウェルのDr.スカーペッタシリーズ
美人で頭のキレる検死官と女性検事補
熟女好きのオイラはスカーペッタに1票となるが(笑)

古本で購入したので帯は無く、続編を読むまで知らなかったが
コノ本の帯には「P・コーンウェルも裸足で逃げ出すだろう」と書いてあったらしい
コレをもし先に見ていたら変な先入感で読んでしまっていたかも・・・・?である

知られたくない自分の過去、有罪とし犯人を死刑台に送りたい・・・
記憶の中の恐怖と闘う被害者であり検事補の弱さがよく出てる・・・・と思うオトコナノデアクマデモ(^_^.)

とりあえず続編読んでみてます・・・何か月かかるかわからんがっ(--〆)
[PR]
by hisayuki320 | 2010-08-17 22:37 | 読書