BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:読書( 102 )

★ 眠 り の 森

_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_22162011.jpg
今回は「眠りの森」著者・東野 圭吾

タイトルが「眠りの森」
なんとなく連想させる、舞台はバレエ団
バレエ団の事務所に押し入った男が殺される
居合わせたバレエダンサーは正当防衛なのか?
死んだ男の目的は?
刑事、加賀恭一郎が事件の真相を追う

自分はバレエに興味がなかったが、バレエダンサーのストイックさが伝わってくる

全てをバレエにかけるバレーダンサー達
バレエ団と言う小さな社会
東野氏らしいと言えばらしい作品

ラストで「なるほどなっ!」と、なるところは上手いっす

ラストが意味深なのは続きがあるの?

何か興味ある!(^ .^)y-~~~

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-02-01 22:10 | 読書

★ 100回泣くこと

_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_23192741.jpg
今回は「100回泣くこと」著者・中村 航

表紙の帯に「うっかり新幹線で読んで号泣しました。
透明な世界をあなたにも。」
と、あるアーティストが評価してたので、少し期待してましたが
残念ながら、このアーティストの方は幸せな人生を歩んでらっしゃるんだなっ?としか思えなかったです

透明な!は分かる気がします
つかみどころのない、繊細な世界観
最初から最後まで同じペースで淡々と進むストーリー
ストーリーを書こうとするが・・・悩む(笑)
実家に残してきた愛犬の命が尽きそう!と母からの連絡
愛犬が好きだったバイクで帰ってあげたく、数年不動のバイクを彼女と修理
愛犬の回復
彼女へのプロポーズ
先に説明したとおり、淡々と進んで行きます

正直、自分は1回も泣けなかったです、汗っ!

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-01-27 23:17 | 読書

★  嗤う闇

_______________________________________________________________________________________________________________________________

f0127408_19571263.jpg
「嗤う闇」著者・乃南 アサ

この作家の本って
何か地味だが生活感が伝わってくる
言い方は悪いが、クローゼットの奥に忘れさられた何年も使用してない服の匂いみたいな・・・
この作品は「音道貴子短編集」シリーズもので第三弾らしい
主人公の刑事としてのスキルアップを題材としていくのかな?

いずれにせよ、読んでスグ思い浮かんだのが横山秀夫作品
警察関係者が読んだら「そうそうっ、あるあるっ!」って言うんでないのかなぁ?
「現場の刑事はテレビや映画みたいに華やかでないんだよっ!」って声が聞こえてきそう
交通違反でキップ切られ、ムカついたりすることもあるが(笑)
捜査協力はしてあげなくっちゃ!と思わせてくれるヨ

連続レイプ犯を追いながらも、ストーカー被害の対応、先輩刑事の家庭問題などなど
自分は知らない世界だが、刑事って大変だなぁ
コレ読んだら警察官になる人が減るのでは?って心配になっちゃうよ(笑)

普通だなっ!と思ってたら短編なんだよなぁ!?
短編だと感じさせないのは凄い

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-01-25 19:27 | 読書
_______________________________________________________________________________________________________________________________

f0127408_16121389.jpg
いやぁーっ、やられたぁ!
良かったよぉ「サクリファイス」著者・近藤 史恵 

最初は自転車ロードレース小説かと思ってた
タイトルも「サクリファイス」って、サイクリングとかと同じで自転車用語かと思ってたし(^^ゞ

逆にそれが良かった気もするが
最後に作者の思惑どおり、みごとにハメラレました
本を閉じたとき、近藤氏が「ニヤリッ!」と笑っているのが見えた気がした

サクリファイスの意味が分からない方は、そのまま自転車ロードレース小説と思って読んでよ
イイと思うよぉ(*^。^*)

主人公はプロの自転車ロードレーサー
勝つ事でなく、勝たせる事を義務づけられたアシストレーサー
当然、エースになりたい他のレーサー達
勝たせる事に居心地の良さを感じ、サムライスピリッツを感じさせる主人公

自分の立ち位置に惑わされ
苦悩、焦り、疑問と追い込まれる主人公

彼の運命の歯車が微妙に変わって行く
競技中に起きる事故
本当のサムライスピリッツを見せつける
イッキ読みしてしまった!

読み終わってから調べたタイトルの意味

なるほどなぁ

近藤 史恵作品、探してこなくっちゃ!!!
_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-01-20 16:12 | 読書
_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_23382388.jpg
今回は「ゴールデンスランバー」著者・伊坂幸太郎
コレたしか映画になってたよねっ?
テレビで見たんだか、途中まででラスト見てなかったんだよなぁ
気になってたから、本を手に入れようと思ってたら
姪っ子が「私、持ってるよ!今は彼に貸してあるけど」と
「戻ってきたら貸して!」と頼んであったが、ずいぶん時間が経ってしまい忘れてた(笑)

テレビで見たストーリーと重ねながら読み更けたが

いゃーっ、映画が先だとキャストがメチャクチャ原作と合ってる!って感じた
キルオ役の濱田岳とか保土ヶ谷康志役の柄本明なんて笑ってしまうぐらいハマり役

首相暗殺の濡れ衣をきせられた主人公
巨大すぎる陰謀から逃げる姿はハリウッド映画みたいにパッパッ!と鮮やかではない
どちらかと言えばズルズルと、自分の力と言うより
人との絆でかろうじてピンチを乗り越えて行く
伊坂氏の「重力ピエロ」を昔読んだが
身近な自然な感じで事件が起き、人の繋がり、絆で助けられるパターンは同じかな?
なんとなく三浦しをん氏の「まほろ駅前」シリーズにも似た人物感かなぁ?
最後の所なんか好きだなぁ、俺(笑)

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-01-17 23:36 | 読書

★ 白銀ジャック

_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_21301479.jpg
東野圭吾の「白銀ジャック」

何となく雪山のサスペンスで大好きな「ホワイトアウト」を勝手にイメージして読んだせいか?
東野 圭吾作品と期待しすぎたのか?
普通のサスペンスだったかなぁ?

しかも自分自身の若き頃がスキーブーム真っ只中
雪道の大渋滞、リフト待ちの長い列、席取りゲームのレストランを体験しまくったから
今のスキー場とのギャップもわかり、少し懐かしくも感じたが、今の世代に緊迫感は伝えられるのか?
ストーリーは、書き入れ時のスキー場に「ゲレンデに爆弾を仕掛けた!」と脅迫状が届く
前シーズンに起きた事故だけでも頭が痛いスキー場関係者に
追い討ちをかける脅迫状、そして要求される身代金
警察に届ければスキー場の閉鎖は確実
犯人が嘘をついているのでは?そうであって欲しいが確証がない
スキー場関係者の苦悩、焦り、疑惑
悪くはないヨ!
俺が期待しすぎたんだと思うヨ!(笑)

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-01-12 00:00 | 読書

★ 千 里 眼

_______________________________________________________________________________________________________________________________

f0127408_1017490.jpg寒さも厳しく、農閑期なので晴耕雨読ならぬ晴耕寒読な日々

色々と読んでいて、ブログネタに困らないのに
ついついサボッてしまうのです
今年はシッカリと・・・多分(笑)

今年のトップバッターは松岡圭祐の「千里眼」
コレって、「催眠」のシリーズ物だったのに
知らずに第三作から読んでしまった凹

この作品、前半の掴みがイイ
関連性のまったくない様なシーンが続き
それを一気にギュッ!と繋げてくる
米軍基地から首相官邸に向け発射されたミサイル
着弾の阻止に必要なパスワードは変更されていて解読出来ない
このパスワードを解読する依頼を受けるのが主人公の元航空自衛隊幹部候補生と言う経歴を持つ女性
カウンセラー

普通だと、パスワードを解読し阻止成功!メデタシメデタシ!!
で終わってしまうが
この「千里眼」は、そんなの掴みの一部ですからぁ

人間の臨床心理から相手をよみとり、事件解決に導いていくサスペンス小説

シリーズで読みたい!

日本版、ジェフりー・ディーヴァのキャサリン・ダンスってところかな?

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-01-06 23:57 | 読書

★ レッドゾーン

___________________________________________________________________________
f0127408_21553917.jpg
今回の本は「レッドゾーン」著者・真山 仁

オイラは知らなかったんだが
この作家が書いた「ハゲタカ」って本が、何年か前にドラマや映画になってるらしいねっ!?
この「レッドゾーン」は、そのシリーズの第3作になるらしい
何だか似たようなタイトルのシリーズを読んだ気がするが(笑)

それにしても、真山 仁ってイイなぁ!
フィクションだが、何だか今の日本とシンクロしてて怖くなってしまった

日本の最大自動車メーカーを中国が買い叩く!
っう、買収合戦物だが
ものづくり大国、日本!
なんていつまで言ってられるんだ?
何でだか「日本は大丈夫さぁ!」なんて、なんの根拠もない危機感のなさ、変な自信の日本人!!
何だか、ファンドだ何だ興味もないしワカランけど
上手く作者は作品の中で教えてくれてる
面白く、何だか現実味を帯びてて怖くなる

シリーズの第1作から読みたくなってしまった
明日、BOOK・OFFで漁ってこようかな?(笑)
[PR]
by hisayuki320 | 2012-10-27 21:53 | 読書

★ 神様のカルテ

___________________________________________________________________________
f0127408_19475417.jpg療養中につき、かつてない程の読書をしているが
ついついブログるのがおっくうに(笑)
ネタがない時にでも書けばいいのに・・・・反省

「神様のカルテ」・著者 夏川 草介
主人公は、信州にて地域医療に従事する内科医の栗原
医師不足で2日間ぶっ通しの勤務もあたりまえ

大学病院には置いてもらえない、回復見込みのない高齢者達に温かく接する栗田
大学の医局からの最先端医療への誘いに、悩みながらこなしていく激務

古びた旅館を改築した集合住宅に暮らす、チョット変わった隣人達
写真家で栗田をソット支える妻
激務の中、栗田を見守る先輩医師や看護師達

医療現場のリアル感は、自身が地域医療に従事してた著者ならでは

最後の方は入院中に読むのは辛かったりして(笑)

でも、心温まる1冊でした(*^。^*)
[PR]
by hisayuki320 | 2012-10-10 20:31 | 読書
___________________________________________________________________________
f0127408_235759.jpg
本日、ウチのアパートを管理してくれている
不動産屋の担当者N君が
「hisayukiさん、コレ読んだことありますか?」とプレゼントしてくれた、ワンピース「新世界」の謎
この本の存在は知ってたが、まだ手に入れてなかったっす
ありがとうN君!
オーナーの趣味まで知っている君は流石です(笑)

大好きな漫画なだけに、その謎の解明本とくりゃ
イッキ読み〜っ!
第三の古代兵器の正体とは麦わら帽子3世代の系譜
サボが登場する日はいつか
おぉ〜っ、そんな伏線がぁ〜っ!
来週の月曜日まで待てないぜぇ!
いい大人が〜っ!って言われそうだなぁ(^_^ゞ
[PR]
by hisayuki320 | 2012-09-05 23:57 | 読書