「ほっ」と。キャンペーン

BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ:読書( 102 )

★  プリズンホテル

_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_19241846.png
寒いねぇ!
全然動けねぇ(笑)
まぁ、無理はせずノンビリ読書でも
姉貴が「好み的にどうかねぇ?」と貸してくれたのが
浅田次郎(著) 「プリズンホテル」
夏1巻~春4巻まで

俺の好きな「壬生義士伝」を書いた人だし
まだ読んだ事ないが「鉄道員・ぽっぽや」を書いた人だし
姉の「そうかねぇ・・・」がひっかかったが
読み始めてスグに分かったよ、その意味が(笑)
昔のドリフの「8時だよ全員集合」を見てるようなコメディ作なんよ


主人公は極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介
これがメチャ変わり者なんだが
その主人公の叔父はヤクザの大親分
その叔父の経営する温泉リゾートホテルで起こる、四季折々の事件
―。熱血ホテルマン、天才シェフ、心優しいヤクザの従業員達

読み始めは「なんだぁ~っ、くだらねぇ・・」と思ってたのに
サックリと4巻全部読んでしまった
何も考えずにクスッと笑いながら読める
舞台劇を目の前で見たような感覚
コレはコレでありかなぁ(*^_^*)
_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2015-02-08 19:52 | 読書

★永遠の0

_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_20285297.png
農閑期になり、やっと趣味のバイクに乗れるようになったが・・・寒過ぎてのれねーっ(-ω-)!
キャンピングトレーラーで出かけたいが、年末も近づきカミさんが忙しいし
忙しくて行けなかった歯医者に行ったり
後回しにしてた事務仕事を片付けたりで、なかなか都合がつかず凹
まぁ、唯一の楽しみは読書タイムかなぁ?
ここで読んだのが「永遠の0」著者 百田 尚樹
映画化された時に、「他の本のパクリばかりだ」とか
「ラストが何でああなるんだ!」なんてのはネットで見た事あるが

いいじゃん、俺は好きだよ!
他の本のパクリって、ちゃんと主要参考文献に載ってるし
史実に主人公達を刷り込んでいくんだし
何よりも戦国時代じゃないんだから、ちゃんと記録が残ってて
実際に戦闘機に乗ってた人が書いた著書も参考にしてて
その人の事を書いてたりもするのに、全然違う事なんて書けないだろうに(笑)
ラストに文句を言ってる人は、後半の生き残る辛さや
主人公の武士道を感じられんのかなぁ?
映画がどうなってるか知らんから映画は何とも言えないが
本については、平和な時代となった今だからこそ
あの戦争がどんなものであったか
特攻隊員がどんな気持ちで死んで行ったのか
頭が良く偉い人が言う事が必ず正しい訳でもなく
間違いと分かりながらも進んでしまう道もあり

若い人達が戦争と言うものを知るのには、読みやすい本だと思う

話が後先になってしまったが
本の内容は、ひょんな事から全く知らずにいた実の祖父を調べ始める姉弟
戦闘機乗りだった事を知り
当時の戦友達を訪ね歩く
知らなかった過去が、パズルのピースのように一つ、また一つと埋まっていく
実の祖父の生きざま
封印されていた過去がラストで・・・

こんな本を読むと、幼い時に祖父に肩車され皇居の一般参賀に行った事を思い出す
祖父が「見えるか?あの人が昔は神様だったんだぞっ!」と静かに語ってくれた事を
回りの「天皇陛下バンザーイ!」と盛り上がる中で
対照的に静かな一言だった事を
_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2014-12-30 00:21 | 読書

★ 銀翼のイカロス

_______________________________________________________________________________________________________________________________

f0127408_8501136.jpg
銀翼のイカロス・著者 池井戸潤
そう、半沢直樹シリーズ最新作
イイねぇ、くどくなく、こ難しくもなく
経営危機に瀕する巨大航空会社「帝国航空」の担当者となった半沢直樹
自主再建の提案に、突然わき起こる債権放棄の要求
政治、過去の封印された融資、再び現れた金融庁の黒崎

少し前の社会事情にシンクロさせてるから、想像力も膨らむ

半沢を支える仲間達、特に田島が渋い!

「そんなに仕事は上手くいかねぇよ!」と笑いながらも、何かスッキリさせてくれるネッ!!
_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2014-09-03 08:50 | 読書
_______________________________________________________________________________________________________________________________
忙しい時には読みたくない、ジェフリー ディーヴァー !
だって、ついつい寝不足になっちゃう(笑)

f0127408_1823433.jpg今回は、キャサリン・ダンス・シリーズ

ストーリーは、「人間嘘発見器」のダンス捜査官が
人気カントリー歌手のケイリーに付きまとうストーカーの存在を知らされる
同時に起こる、彼女のヒットソングになぞられて次々に起きる殺人事件・・・

リンカーン・ライムが登場するとワクワクしてたんだが・・・・一瞬かよっ(-. -)

ファンとしてはハードルが当然上がってくるので
チョットやそっとのどんでん返しでは満足できなくなってる(^^ゞ

まぁ、ジェフリー ディーヴァー なんで、それなりにイイんだが
キャサリン・ダンス・シリーズの1弾、2弾を読んでないと
ダンスの恋愛模様なんかは「無くてもイイんじゃない?」と思うかもねっ!

そんな事言ってても「次が読みたい!」ってなると思うよ
ジェフリー ディーヴァー って(*^_^*)

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2014-06-11 18:23 | 読書
_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_1120423.jpg
久々の著者ダン・ブラウン
「インフェルノ」

今回の作品はダンテの「神曲」弟1部・地獄篇の絵に隠された暗号から始まり
フィレンツェ、ヴェネツィアが舞台となる
増え続ける世界の人口
人口爆発による滅亡と崩壊
これは現実的な事だが
自国、日本では少子化問題ばかりが取り上げられて
世界規模の話しなんて気にもしてなかった

この問題を過激な者逹は過去にペストが蔓延した暗黒時代を習い
生物学的有害物質(バイオハザード)による解決法を提唱し実行しようとする

今回もラングドンが犯人からのメッセージを解読しながら
野望を食い止められるのか?って感じなんだが

相変わらず歴史的建築物や歴史上の人物が興味深く書かれ
フィレンツェ、ヴェネツィアを自分も一緒に走り回ってる気にさせる
そして読み終わると「行ってみたい!」と思わせる
ダン・ブラウンが友達だったら是非ともお願いしたい
「次作は京都、奈良を舞台に書いて欲しい」と(o^o^o)
_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2014-04-28 23:45 | 読書

★ 蔦重の教え

_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_22312133.jpg
久々の読書ネタです

実は相変わらずのペースで読んではいました

がっ、ある1冊を読んだとたん何だか書けなくなってしまいました

まぁ、それは後々・・

今回は、車 浮代(著) 「蔦重の教え」

これは面白かった
会社から依願退職を迫られた55歳のサラリーマンが主人公
お稲荷さんのバチがあたり、江戸時代にタイムスリップ

そこで彼を助けてくれたのが
「歌麿」や「写楽」を育て売り出した蔦屋重三郎

江戸の生活や吉原の風俗等が分かりやすく盛り込まれている
江戸の人々が活き活きと描かれている

勿論、タイトルの蔦重の教え
これも時代は変わっても「そうそう!」と、うなずける

正に帯書きどおりの時空を超えた実用エンタテインメント小説!
_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2014-03-22 22:24 | 読書

★ 半沢直樹シリーズ

_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_1132265.jpgいやぁ、ココ数日の寝不足のせいか?
先日の通院で金でなく菌をもらってきたのか?
一昨日まで夏風邪みたいでグタグタだった凹

その寝不足の原因は久々の読書(笑)

読書仲間のN君が「ヒサユキさん、絶対に気に入るハズ!」と貸してくれた
池井戸 潤の「半沢直樹シリーズ」

「オレたち花のバブル組」
「オレたちバブル入行組」
「ロスジェネの逆襲」

3冊イッキ読みしちまった

実はテレビの半沢直樹は見てないんよ!
第1話を見損ねたら何と無くねぇ

テレビが大ヒットして、原作本も売り切れてるらしいから
俺が今さら内容を説明する必要もないだろう(笑)

「ハゲタカ」をもっとかるく
「島耕作」をもうちょいおもく、ついでに女にはあんなにモテなくした感じ

俺が元リーマン時代、金融や保険やら携わってたからよけいに面白く感じるのか?

「いるいるコンな上司」
「あるあるコンな事」がニヤッとさせる

「やられたら倍がえし」
実際のサラリーマンは、やられ過ぎてて返しきらないかも?なぁ(笑)

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-08-18 11:07 | 読書

★ 変  身

_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_2344784.jpg
映画も観てるし、本も読んでるんだがブログれてない今日この頃、反省!

とりあえず今回は、東野圭吾の「変身」です

不慮の事故にあった主人公の青年

気がつくと、彼の頭に世界初の脳移植手術が

術後、彼におきる変化・・・
自分が自分でなくなっていく?
彼に移植されたドナーの謎
一部だから彼だが、全部の脳を移植したとしたら彼は彼なのか??

アニメなんかで「脳」だけ生きてるとか、移し替えるちゅうのはよくあるが
小説となると、どうでしたでしょう?
東野圭吾らしい人物感
何となく切ないストーリーだった
_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-03-31 23:02 | 読書

★ 晩 夏 に 捧 ぐ

_______________________________________________________________________________________________________________________________
f0127408_22344622.jpg
寒いと思ったら、またまた午前中は粉雪が舞ってましたワ(+o+)
連日、寒い日が続いてます
そんな中、役所の電子入札申請の手続きのお手伝いへ
今日で計3度目になります
登録が複雑だし、web上の説明もイマイチ
エラーメッセージが出ても、その説明がどこにも無いのもお粗末
東京中の公共事業の入札申請を処理するシステムなのに・・・
「面倒なら入札しなくて結構です!」って言われてるようだ(-_-メ)
登録するのに必要なカードを手に入れるのにも高い金払うんだよ!
システム管理会社はボロモウケだよねっ?
役員の名前には、政治家や天下りの方々・・・なんて事なんじゃないんかい?

さてっ、気分を変えて今回も大崎 梢作品っす

「晩夏に捧ぐ」成風堂書店事件メモ(出張編)

前作は短編集だったが、今回は長編
今回も成風堂書店員・杏子と名探偵アルバイト店員多絵のコンビ
でも舞台は長野の老舗書店
幽霊騒ぎが起きた老舗書店、27年前の殺人事件も絡み・・・
元同僚の頼みもあったが、夏休み気分半分で出かけた二人にかかる妙な期待感
コンビの使い方が上手く、ミステリー感をソフトに仕上げてある
サクッと読めるのもイイ
難しい長編を読んだ後や、通勤途中なんて最適なんじゃない?
男の俺はこの作品、表紙だけ見たら自分では手に取らなかっただろう
姉貴や姪っ子に感謝感謝(笑)

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-02-19 22:09 | 読書

★ 配 達 あ か ず き ん

_______________________________________________________________________________________________________________________________

f0127408_22371149.jpg
連休なので出かける気も起きず・・・リーマン時代だったら考えてられないなぁ(笑)
最終の「抗がん剤」も蓄積されているのか?なかなか手強い
こんな日は読書day也
「配達あかずきん」著者・大崎 梢
帯に「本好き・本屋好き必読」とあるので読まない訳にはいかんなぁ(^o^;)
ミステリーのショート集
以前にも書いたが、俺はショートがあまり好きでない
でもエエじゃん!
面白いじゃん!?
主人公は書店員の書店ミステリーである
普段利用してるわりには、知らない事って多々あるものだよなぁ!?
シリーズ化されるの分かる気がします
最近、どんどんなくなってしまう本屋さん
不便だなぁ〜っ!と文句言ってる自分だが
雑誌はコンビニ、本はBOOK・○×△なんて状態
いかんなぁ、自分のお気に入りの作家ぐらいは本屋で購入しなくちゃ!
そんな気にさせてくれる
新しいカタチのミステリーだねっ(o^o^o)
_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-02-10 22:37 | 読書