BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

★ ジャック埋葬

_________________________________________________________________________
ツーリングから帰り
いよいよジャックと最後の別れの時がきた
まるで寝ているようなジャックを見ていると、あと一日・・・・なんて気になってしまう
埋めてあげる場所は昨晩決めておいた
ジャックが元気だった頃、外出の時に必ずマーキングする場所
婆ちゃんが大切にしてる花壇
まず花壇の土をどけ一輪車に乗せておく、婆ちゃんが花を植えても平気なように下土を深く掘っていく
農作業から戻った爺ちゃんが「おぉそこならいつも婆ちゃんが花を植えてくれるからジャックも喜ぶナ!」と呟く

カミさんが「一番好きだったパパの匂いがするTシャツで包んであげよう」とオイラが寝間着代わりに使ってるTシャツを部屋から持ってきた
痩せこけたジャックの身体はオイラのTシャツたった一枚で包めてしまった
そっと穴の中に下ろし、息子が買ってきてくれた白い薔薇を身体にのせ土をかけてあげた
「いつか又会おう・・・・・」と声をかけてあげながら

一輪車に残ったジャックと同じくらいの量の土
ジャックもこれくらいの土に戻るのかぁ~っと何とも切ない気持ちになった

ただ今回は悲しみよりも、介護が長かったせいか?苦しまずに家族に抱かれ亡くなった事で
意外と「ジャックやっと楽になれたネッ!」とホッとしてたりしてます
それとベティーがいてくれてるのも大きいですネッ
ベティーがいなければゲージやトイレシート、水皿全て必要がなくなる訳で、いつもそこにあった物が突然無くなってしまうのって違和感があると思ったりします

最後に、最初は犬を飼う事に反対していたカミさんが、寝たきり状態で亡くなった爺ちゃん婆ちゃんだけでなく、ジャック君にまで献身的に介護をしてもらった事
頭が下がると共に、感謝致します! ありがとうママちゃん
[PR]
by hisayuki320 | 2008-10-19 21:20 | ワン子