BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

★ 長老の憂鬱Ⅵ

_________________________________________________________________________
連休明けのわりにはスムーズに片付いた仕事
最近感じるヨ!お客様の対応より、本部から依頼してくる提出物を纏めるのが大変なのを
月末がらみでいったいどれだけ提出するのサ?って思うヨ
相手は各部門毎に依頼してくるから「たいした手間じゃないだろ~っ!」なんて言うかもしれないが、現場に来て見ろ~っ(ノ`m´)ノ ~┻━┻ (/o\)
などと連休中に充電しまくったので元気なオイラ、おかげさまで化膿部分の膿も出てくれたみたいで微熱もとれたし、ホッ!
さてっさてっ、久々の「長老の憂鬱シリーズ」っす
はじまり、はじまり~っ



そう、この憂鬱シリーズにはある法則が
新入社員→男子=憂鬱
何故か女の子だと当たりの部下に!男の子だとハズレるオイラ!笑っ
今年度、配属されてきたのは♂
嫌な予感は正直あったヨ
でもコザッパリした、清潔感のある青年なので今回は・・・と思ってたが(´+ω+`)
そう話しは少し前にさかのぼる
新しい事務所、メンバーも変わったし新人も入って来たし「緊急連絡表」を作らなければ!とセッセとパソコンをたたくオイラ
事務所のメンバーのフルネームを打ち込み、自宅の電話番号と携帯番号を皆から聞き表を作成する
一応、個人情報・・・なんてのにひっかかるとイカンので「あくまでも緊急用なので・・・」なんて気をつかいながら聞く電話番号、これでも「パワーハラスメント」なんて言われかねない嫌な時代だねっ!
まぁ、今度の事務所も気のいいメンバーなので心良く教えて貰えましたけどネッ(*^m^*)
連絡表が出来上がり、さてっ人数分をコピーして!なんて時になり
「打ち間違えがあってはイカンなっ!」( ̄(エ) ̄)ゞ とスタッフ一人づつに「自分の名前と電話番号の所を確認してくれる?」と再確認するオイラ
おかげさまで誤字もなく、電話番号もOK!各自に新しい「緊急連絡表」を配ったのでした
そしてGWの前日
明日からGWってんで忙しいのに、他の事務所から各店スタッフを一人づつ派遣せよ!とのご命令
「えーぇっ!マジ?この忙しい時に!」と怒りモードの事務所であったが、他の事務所ではOKしてるとの事でしかたがなく、一番戦力にならない新人ヨコチンを派遣した
仕事内容からすれば昼スギには終るだろう?と思ってたBOSSとオイラ
しかし夕方になってもヨコチンから連絡がこない
BOSSがオイラに「なぁ、アッチの仕事が終ったら連絡入れろって教えたかぁ?」って聞いてくる
「えぇ、もし遅くなったらそのまま直帰してイイが連絡はよこせ!と言ってありますし、たぶん昼過ぎには終わっちまうだろうから、もしそうだとしたら派遣先まで誰か迎えに行くので連絡しろっ!とも言ってありますヨ」と答えるオイラ
そのうちに終業時間が近づく(ウチの事務所では新人君は最初の3カ月は見習い期間なので残業はさせない事になってる)
「おいっおいっ、こんなに遅い訳ないだろっ?誰かヤツに電話してみろっ!」とBOSS
ヨコチンの教育担当の女子Nが電話をする・・・・
女子N 「BOSS電話が繋がりません!」
BOSS 「なんだぁ~っ、アイツは携帯持ってかなかったのか?」
女子N 「いえっ・・・・『この電話は、現在使われておりません』状態なんですが・・・」
BOSS 「何っ?かけ間違えたんじゃないか?緊急連絡表を見てかけてみろっ!」
女子N 「はいっ、その表を見てかけたのですが・・・」

「どれどれっ?」と今度はオイラが電話してみる
受話器からは「お客様がおかけになった電話番号は現在使われておりません・・・」(ーー;)

誰かが「アイツ電話代払ってないんでは?」と言うが
「それだったら『「お客様の都合により・・・』だろっ?」なんて事務所中でワイワイしだす

とりあえず派遣先の事務所にヨコチンの所在を確認すると、まだ仕事が終らず外で片付けを手伝っているとの事
しばらくしてヨコチンから事務所に電話が入る
BOSS  「なぁ、お前の携帯!繋がらないぞっ!!(▼▼メ 」
ヨコチン 「えぇ~っ、そんな事はないですよーっ」
BOSS  「さっきから電話してるが『使用されてません!』だぞっ」
ヨコチン 「そんな事ありませんよーっ」
BOSS  「番号は090の○×△だよなぁ?」
ヨコチン 「えーっと、自分の番号分からないのでチョット調べてから電話します!」

とりあえず折り返しの電話を待つBOSS
周りでは「オイッオイッ、爺さんじゃあるまいし自分の携帯番号も分からないんかいっ!」なんて声も・・・・

折り返しヨコチンから電話が入る
BOSS  「どうだったんだよっ?」
ヨコチン 「080の○×△です」
BOSS  「お前~っ番号が違うだろっ!連絡表は090になってるゾッ!hisayukiに確認しろっ!って言われた時オマエ確認しなかったのか?」
ヨコチン 「いえっ、しました・・・・うしろは合ってましたので・・・」
BOSS 「・・・・・・・・・・」

`Д´|ノД´|ノД´|ノД´|ノД´|ノД´|ノゴルァアアアアアア!!
ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ あぅあぅ・・・

誰か電話は番号が1つ違っても掛からない事をヨコチンに教えてやってくれーっ!


  
[PR]
by hisayuki320 | 2008-05-07 23:31 | 以前のお仕事