BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

★ 卒業式

_________________________________________________________________________
今日はオイラの長女SIOちゃんの卒業式だった
行ってあげたいなぁ~っ、とは思ってたが無理でしたナ
今回は昨日のダウンもあるし・・・汗っ!

子育てマッ最中の頃の自分はいつも「課長」「係長」「主任」「係」各一人なんて部門におり
年度代わりを控えて忙しい今の時期に休むなんて出来なかったので、幼稚園の卒業式では「小学校の・・・」、小学校の卒業式では「中学の・・・」、中学の卒業式では「高校の・・・」なんて期待してるうちにとうとう娘も高校を卒業してしまった
最後のチャンスが自分の体調管理不十分って言うのもオイラらしいが、悲っ!

卒業式、先日の息子の成人式の時もそうだったが自分の時の事なんか殆ど忘れてる
ただ高校生ともなると親が学校に来るってのが嫌だった事ぐらいは何となく覚えてるなぁ
今回、今の事務所のBOSSなら一言返事で「是非行ってきなよっ!」と言ってくれる事は分かってもいたが、自分の時のそんなイメージだけが残っていたせいか?朝メールで「おめでとう!」だけを伝えて仕事に向かった





♪校舎の影 芝生の上 すいこまれる空
幻とリアルな気持ち 感じていた
チャイムが鳴り 教室のいつもの席に座り
何に従い 従うべきか考えていた
ざわめく心 今 俺にあるもの
意味なく思えて とまどっていた

放課後 街ふらつき 俺達は風の中
孤独 瞳にうかべ 寂しく歩いた
笑い声とため息の飽和した店で
ピンボールのハイスコアー 競いあった
退屈な心 刺激さえあれば
何でも大げさにしゃべり続けた

行儀よくまじめなんて 出来やしなかった
夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった

信じられぬ大人との争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでも過ごした
ひとつだけ 解っていたこと
この支配からの 卒業♪ 
尾崎豊 「卒業」

自分のアノ頃はマサにコレだった気がする
オイッオイッ、俺は尾崎世代でもないし熱烈なファンでもないヨ
ただ、洋楽派だったオイラは歌詞にはあまり執着しないのだが、尾崎豊のストレートな青臭い歌詞が好きである
歌詞の表面だけでヤンチャな不良時代の歌だっ!なんて言う人もいるだろうが
オイラには先が分からない怯えながらもソレを他人に決して見せれない18歳男子を見事に書いていると思う
このぐらいの歳って同年代だと女子の方が大人だったのかもしれないナ
娘を見ててもそう思うヨ、笑っ

f0127408_19412329.jpg午後になってから部下の女子Yちゃんと2人でAED講習会に出張
鼻が詰まってるのにマスクをしてるもんだから、超呼吸困難状態で「ボーッ」としちまう(^~^;)ゞ
ほらっ、AEDって最近は駅とか公共施設に置いてある゜心肺蘇生を電気ショックでするやつ
実はオイラ上級救命講習も受けているんだが、もう何年も前の事だし、その頃にはAEDが一般に使用される許可が出てなかったので取り扱いしらないしネ
心肺蘇生術も以前と微妙に違うし、今は心臓マッサージなんて言わず「胸骨圧迫」って言うんだよっ
我が家にも年寄りはいるしケッコウ真剣に聞いちゃったよ
同じ講習会にバイク仲間も来てたりしてケッコウおもろかった、笑っ!

だいぶメタボ気味の青い稲妻ヨッシーのはち切れそうなスーツ姿と、遠くに霞むひよこヘアーの迷えるライダーsawada
オマエらに人口呼吸はして欲しくないなぁ~っ、大笑っ
[PR]
by hisayuki320 | 2008-03-11 19:41