BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

★ 酔いどれ親父、危機一髪!]

_________________________________________________________________________
仕事から帰り食事をすませ風呂でも入ろうか?と風呂場に行くと親父が入ってた
親父が出てくるまで台所にて待機
テレビを見ながらカミさん、お袋とダベリングして待つ

「ガシャ!」
風呂場から何かを落としたみたいな音がする

「ナンダァ?親父ったら何か落としたのかぁ?」とオイラ(ーー;)
「何落としたんだろうネ!」とカミさん
「まったくそっそっかしいんだからぁ~っ」とお袋(;-_-) =3 フゥ

「ガターンッ!」さっきより大きな音
「何やってるんだよーっ、アノ人は」とオイラ
「アンタ見てきなよーっ!」とカミさん
「まったくーっ!」とお袋が席を立ったのでオイラが続く

ガラッ|\(-_- )「何やってるんだよーっ」

(°O° ;) 何っ?

脱衣所でおかしな格好してる親父

感じとしてはパンツを穿こうとしてる途中でストップしてる状態

「何やってるのよーっ?酔っ払ってるの?」とパンツを穿かせようとするお袋

ヽ(・_・;)ノ ありゃ??
ズルズルと倒れ込む親父
慌ててオイラが支える

「大丈夫、大丈夫・・・」と親父が呟いてるが全然そう見えないっす

身体が濡れてるので支えにくいし動かすのもヤバイかもとカミさんにイスを持ってこさせる
どうにかイスに座らせたがドンドンと親父の意識が遠のく
「お父さん、お父さんシッカリしてよっ!どうしたの?」とお袋の声が叫び声になってくる
そうしてる間にも親父の目は白目に、鼻からは鼻水、口からはよだれが・・・
カミさんに救急車を呼ばせ、お袋に親父に着せるものを取りに行かせる

この段階では殆ど呼びかけにも答えない親父
何故か生あくびを時々する「ヤバッ!」
息子にオイラのアネキに電話させ、とりあえず親父にガウンを着せ救急車を待つ体制になった
カミさんの「救急車来たよ!」との声と同時ぐらいに親父の意識が戻ってきた

救急隊員に状況を説明し手渡されたメモに親父の名前等を記入
フッと気がつくとオイラは風呂に入るつもりでパジャマにドテラ、笑っ!
お袋に親父の保険証と着る物を用意する事を指示
息子にはオイラの財布を取りに行かせる
そして慌てて二階に上がりパジャマの上からジャージを着込むオイラ、汗っ!

カミさんと2人で親父に付き添い救急車で病院
車中「さっきのは何だったの?」ってぐらい回復してしゃべりはじめる親父( ̄(エ) ̄)ゞ
病院に着きDrに言われた最初の一言
Drはオイラを睨み「お酒を飲んでお風呂に入ると血管が広がり血圧が下がって危ないんですよっ!気をつけないと!!」(-゛-メ)
「そんな事言ったって家族の言う事なんて聞きませんからぁ~っ!」と心の中で叫んだよっ

とりあえずCTを撮り診察を受ける親父だったが、まぁ悪運強く異常なし!
まったく!もし風呂の中だったら死んでいたかもしれない
コレに懲りて酒も少しはひかえるだろう・・・・・ないなっ!ウチの親父は( ̄、 ̄)

本日の教訓
「飲んだら風呂に入るべからず!」あたりまえだよなぁ~っ
「風呂の中で溺れてたらマズ風呂の栓を抜け」なるほどーっ!
「救急車で運ばれたら履物を持って行くべし!」やっちゃいました(^~^;)ゞ
f0127408_2349784.jpg

[PR]
by hisayuki320 | 2008-01-30 23:49 | ファミリー