BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

★ キャロル 夜明け前

_________________________________________________________________________
f0127408_21225483.jpg
最近、通勤時間が短くなったせいか読書タイムが少なくなった

とりあえず雑誌の様にサラッと読める本にしとこうと、ダンボールの中のブックオフで買い溜めしといた本を漁る

スグ読めちゃいそうなの・・・・あった!

キャロルのメンバー・ジョニー大倉が書いた「キャロル 夜明け前」

実はオイラ、レコードとかで本物のキャロルを聴いた事がない
高校時代のバイク仲間がキャロルやビートルズのコピーバンドを組んでいて
そんな仲間から嫌と言う程聴かされたが、笑っ

最初この本をブックオフで見つけた時
「あれっ?新しいなぁ?」だった
と言うのも永ちゃんが書いた「成りあがり」はケッコウ知れてたし
かなり前に書かれた記憶があるし、この本もてっきり便乗してジョニー大倉が書いた物と思ったからだ
手にとりパラパラとめくると2003年に発行
著者がデビュー30周年で書いた本だった
永ちゃんのファンではない(でもCD何枚かもってる・・・笑っ)から「成りあがり」は読んだ事もない
でもオイラの世代ぐらいまでは、キャロル命、矢沢命みたいなヤツが必ずいて
飲んだりすると延々と語り出すもので、読まなくても内容は知ってたりする(V)o¥o(V)
それなのに今頃何で?と著者の気持ちを知りたくもあり
帯に「永ちゃん、でもさ、それが本当の幸せなの?」ってタイトルに
どうせ暴露本みたいなのかな?って思ったが安かったので買っておいた

案の定サラッと読めたが内容はイメージと全然違っていた
アーティストというより実業家、まさに成りあがりの永ちゃんに対して
ストイックなまでにロックンロールにのめり込む著者

キャロルの歌詞のほとんどを書いた著者らしく
見かけと違ったナイーブな感じでつづられている

キャロルファンはもとより、矢沢ファンも読むといいだろう
一番彼の事をわかってた著者であり、キャロルの最初から最後までが永ちゃんと違った目で語ってある

このブログを書いてる最中、傍らに置いておいたこの本を見て
今年二十歳になる息子が「君はファンキー・モンキー・ベィビー・・♪」と歌い出した
我が家でキャロルの曲をかけた事はないハズだが、昭和の終わり頃生まれた彼が歌いだす
まさに日本のモンスターバンドだったのかもしれないナ
[PR]
by hisayuki320 | 2007-07-19 21:22 | 読書