BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

★ お彼岸

_________________________________________________________________________

天気も良し!
珍しく早く起きれた
バイクで・・・・と思ったが
お彼岸っすネ!
朝からカミさんがセッセと「ぼたもち」作ってるのに、そんなことしたら殺されますナ、汗っ

この「ぼたもち」昨晩のうちにアンコをつくっておきます
これがケッコウ大変っす
小豆を茹でて、潰して、濾して~っ
この濾すのが大変です、けっこう力いりますデス
そして鍋で水気をとばすのですが
砂糖が入るので焦げ付きやすいっす、少しでもかき回す手を休めると焦げるか「ボコッ」とアンコ跳ねます
これが顔や手についたら熱いの熱くないのって、大変です(x_x)

そうして出来上がったのがコレっす

f0127408_22305715.jpg


昔はデッカイおにぎりぐらいの大きさだったが
最近は可愛めにしてあります
絶妙の甘さで、親戚のオバちゃんたちもコレを楽しみにしててくれます

午前中、ぞくぞくと訪れる親戚をバタバタと相手するカミさん
さすが嫁ついで20年も経つと女は強いっす(ゝc_,・。)

親戚も集まったところで、今度は「墓参り」
自宅から歩いて5分程のところに、我が家のご先祖様は眠っておられます
ウチの地域、いゃっオイラの地元では部落って言いますが
その部落の共同墓地なもので
そこで会う人達は顔見知りの人達
アチラ、コチラでご挨拶が始まります
オイラの家は、通称「隠居」などと呼ばれており ※同じ苗字が多いからだろうネ、笑っ
オイラの場合「アラッ、隠居のヨッチャンの息子さん?」なんて感じで呼ばれる
そうすると会った事もないオバちゃんが
「アラッ、アンタは隠居なの?私は表の・・・・」なんて挨拶が延々と続くのだった、笑っ

東京とはいえ、ローカル色豊なところであり
若い頃はこれが「ウザッタイ」としか感じなかった
何かすると、その日のうちに親にバレてしまったり
ヤンチャな事をすれば、普通は親に怒られるだけだが
オイラの場合、ジイちゃん、父ちゃん、オジサン、オバサンetcに怒られ、注意されちゃうのである、笑っ

今は時代の流れと共に、今風になってはきたが
近所で不幸が!とか、お祭りなんてなるとワサワサと集まり、まさに人海戦術で片付けてしまうのである
この歳になり、自分も子育てをしてきてコノ良さが分かるわけだが
隣の芝生は良く見えるであり
時にはマンションとかの誰にも干渉されないような暮らしも・・・・
などと都会っぽさに憧れたりもしちゃうネ(^^ゞ


夜になり落ち着いたところで
横浜の病院に入院中の島根の正美に差し入れを届けた
2回目の拡張処理も上手くいき順調らしい
予定より早く退院できそうである\(^o^)/

f0127408_2331444.jpg

[PR]
by hisayuki320 | 2007-03-21 22:16 | クローン病な日々