BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

☆ +−半分残念

_______________________________________________________________________________________________________________________________

本日は朝から通院でした
朝一番で大学病院の外科にて癌診療
正午に「すぎさか胃腸クリニック」にてクローン病の診療と移動が忙しい日でした

久々の通勤時間帯、はや歩きのサラリーマンやOLの流れに乗れない自分に笑えた
病院行きのバスに乗り込むと、入り口の方から「そこに手をかけて昇るをだよっ!」と大きな声が
見ると老夫婦がバスに乗車しようとしてるが
お婆ちゃんの方が歩行困難らしく、入り口を上がれない
お爺ちゃんは声は元気だがお婆ちゃんを介助まではできないらしく、バス停とバスの隙間が越えられない
大変そうなので席を立ち、お婆ちゃんの身体を持ち上げ乗車させてあげた
この時、バスの運転手も運転席に座ったままだし
老夫婦の後ろには30〜40才ぐらいのサラリーマンがいたのにニヤニヤしてるだけ(-_-;)
よく見たら、そのサラリーマンが持ってるバックには沢山の医療機器の資料
f0127408_9425517.jpg医療機器メーカーの営業マンかよ?
俺がDrだったら一発で担当外してやる!!(怒)
ほんの少し介助してあげればイイだけなのに・・・
いい大人が情けない凹
朝からガッカリな日だった┐(-。ー;)┌
と、ココで話は終わると思ってたら

大学病院の診療、会計って時間がかかり
オマケに院外薬局も薬が薬だけに時間がかかり、薬局を出たら11時過ぎてた、汗っ!
次のクリニックまではバスと電車の乗り継ぎ
ギリギリかぁ?とバス停へ急ぐ
バス停には数人が待っていたが、先頭に並んでたのは朝の老夫婦(~_~;)
程なくしてバスがやって来たが、朝の再現フィルムを見ているようだった
一番後ろに並んでたが、先頭まで行きお婆ちゃんをバスの中へ
当然、俺はいったん下車して列に並ぼうとした

そうしたら数人後に並んでいたオネエちゃんが
「お先にどうぞ!」と列に入れてくれた
残念メーターが振り切れてたが、少し戻って半分ぐらいに(笑)
こんなチョットの事で嬉しいんだもの
人に優しく、いやっ人だけでないっ!
全てに優しくいようヨ!!

_______________________________________________________________________________________________________________________________
[PR]
by hisayuki320 | 2013-01-29 23:25 |