BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

☆ 6月4日・突然の

___________________________________________________________________________
本当は明日が通院なのだが
クリニックから電話が入り「今日、来院できますか?」との事

嫌な予感が的中してしまったかぁ?
先日の大腸内視鏡検査! 気にはしてたが・・・
Drの都合が悪い訳ではなし、想像は十分ついちまうよなぁ(笑)

妻も察したらしく「私も一緒に行く!」と言い出す
こうなると絶対に譲らない性格な妻(~_~;)

結局、妻の付き添いで通院
診察室に入ると、Drとナースのいつにない緊張感が伝わってくる
「癌でしたか?」と先に自分が口を開いていた

「はいっ、残念ながら悪性でした!」

それから今後の事の説明を受ける

「何で自分がぁ?」とか言った驚きは、長い闘病生活と年齢からか?普通に受け入れていた

モチロン、通院途中の車内で
「いやぁごめんなさい、明日の予約時間に急用が入ってしまって!」なんて事にならないかなぁ?なんて考えが一瞬過ったりもしたさぁ、弱い男だもの(笑)

予想してたからカミさんの同伴は嫌だったのだが
Drからの紹介状を、親しいナースが手渡してくれた時
自分の肩越しで妻が泣きだした
つられてナースまで泣いてしまう

「仕事なんだから泣いちゃダメだよ!」と言うと

「そうですねっ!泣きたいのはhisayukiさんの方ですよねぇ((T_T))」と
自分はいつも、こんな優しいナース逹に恵まれている
また、今度の外科でも良いナースと出会い、乗り越えられるのかなぁ?

夜、息子と娘が帰宅するのを待ち
癌告知を受けた事を伝えた
昔、子供を自分が抱きしめたように
子供逹に抱きしめられた
6月4日、また忘れられない日が一つ増えた
[PR]
by hisayuki320 | 2012-08-02 13:43 | 直腸癌との闘い