BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

★ 喜 寿

___________________________________________________________________________
f0127408_2355098.jpg
本日は、親父殿が今月の17日に77才になる為
「喜寿」のお祝いをする事に!
ちゃんとしたお祝いは、どこかに皆で旅行しようと決めているので
今回は、予定のつく者だけで食事会でした

場所は親父のお気に入り
調布の「喜一」

オイラはレミケードが切れてきてるし、身体もバテ気味だからセーブしながら也
とは言え、美味いワインとワインについつい・・・(^^ゞであったがっ

姪っ子の赤ちゃんクラークも参加し、親父殿も上機嫌!
その反動は年頃になってきた息子に(笑)
まだ若いのにプレッシャーかけまくられますが
まぁ、自分もそうだったが、喜寿を迎えた親父達にすれば内孫である息子は可愛くてしかたがないのであり
元気なうちに息子の結婚式を見たい!って気持ちは、病を患う自分としてもよく分かるしねっ(^_^;)
f0127408_235507.jpg






呑んでると、ほろ酔いになってきた息子が自分の結婚感を語りだした
彼は彼なりに考えていてくれてる事は嬉しい事である・・・がっ
彼が「主夫」なんて話しをしだした
たしかに奥さんになった人の収入がダンナよりよければ、今の時代ソレも有りではあろう
それはそれぞれの夫婦間の事であり、さほど気にもしていなかったケド
自分の息子となるとねーっ!
第一に、これから就職活動となる彼の頭の片隅に、そんな考え方がある事じたいがオイラ的にNGである
もし、子供を授かったとして子供には母親であると思う
彼自身、もしオイラが主夫を選び母親と接する時間が限られていたらどうだったろう?

幼くして大病をした彼の介護に、カミさんが病院で彼に付きっきりになり、彼の妹は母親に甘えられず、突然笑わなくなってしまった事がある
そんな事を聞いて育ったハズの彼が・・・
まぁ、健康面等で働けず・・・なんて時は別であるが(-_-;)
オイラが野良リーマン時代、体調を崩しオペまでし復職できないかも?となった時、カミさんが「パートでも何でもして私が働くよっ!」と言われた時のオイラの気持ちを彼は知っているのだろか?
彼の理屈から言えば「その方がイイねっ!」となってしまうんではないだろうか?
何だか残念な気持ちの夜であった
男子たる者!なんて言葉は死語になってしまったが
心は死んでほしくないと思うのであった(._.)
f0127408_23550100.jpg

[PR]
by hisayuki320 | 2010-07-06 23:55 | ファミリー