BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

★ 大腸内視鏡検査

___________________________________________________________________________
f0127408_23562896.jpg
昨晩は下剤がよく効き、夜中にトイレまで数往復
(>.<)y-~

明けて本日はオイラの婆ちゃんの命日(笑)
婆ちゃんの命日に大腸検査っうのも、イイんだか悪いんだか微妙ですなぁ〜っ

朝起きてからガスコンなる錠剤を飲み、今度は2リットルもの下剤(ムーベン)を作ります
ここ2日間は、殆んど栄養剤のエレンタールだけだったので、昨晩の下剤で殆んど出きった気もするが、腸管の洗浄的な物だからとりあえず・・・(^_^;)

こんな時、普段からの経管栄養が役にたちます
いつものEDパックに、栄養剤の代わりに下剤を入れて胃に送り込みます
何となく味がついてるとはいえ、下剤は下剤、しかも2リットルときたらねーっ、普通の人はなかなか飲めないよっ(>_<)
飲み出して暫くするとお腹が「ゴロゴロ」してくる
昨晩に引き続きトイレを出たり入ったり(^-^;

ウォシュレットではあるのだが、お尻の皮がヒリヒリしてきた(>_<)





昼近くになり、そろそろ「すぎさか胃腸クリニック」に行かなければ・・・なのだが、まだお腹が落ち着かない、汗っ!
ギリギリまでトイレでネバリ、カミさんに車で送ってもらった

クリニックで順番を待つ間、空腹と脱水気味でダルい
看護師さんに水をもらい、ウトウトしながら待っていると、やっとオイラの順番がきた
はたして狭窄部位をカメラが通るのか?ドキドキした
鎮静剤と鎮痛剤が絶妙で、お尻が弱いオイラでも大丈夫!
モウロウとしながら「先生、通りました?」と訊くと
「大丈夫!通ったよっ」と言ってもらえ、安心しそのまま鎮静剤がさめるのを待ちながらウトウトと眠った

1時間程し点滴も終わり、検査着から私服に着替え先生からの説明を聞きます

狭窄部位はギリギリでカメラが通過できたそうです
大腸の中は比較的綺麗だったそうです「ホッ!」
f0127408_23562855.jpg

グロイのでこの下は見ない方がよいかも?


もの好きな方のみどうぞっ!

この下の画像がオイラの直腸にある狭窄部分です、狭窄で爛れている所をギリギリでカメラが通ったり組織を取ったりしてるので出血してますが
平成16年9月にオペした時には、この部位を摘出してしまうとストマーとなってしまうので
執刀したDrの判断でこの部位の狭窄を残しておいたのですが
オペ後、退院前の内視鏡検査ではカメラが通過しなかった事を考えると
5年以上症状が進んでない事になり
レミケード投薬や経管栄養の効果が出ているのを実感できました
f0127408_23562848.jpg

一箇所ポリープがあったそうですが、コレは問題ない物だったそうで
オペでつないだ箇所の狭窄もなく「ホッ!」としました
f0127408_23562861.jpg

先生に「直腸の狭窄が無ければ完璧でしたねっ!」と最後に言ってもらえましたが
この狭窄があるので、レミケードの効力が切れてしまうとコントロールが難しくなるのですが
逆にコレがあるので食事や生活に注意できてる気がします
それは息子を見ていると特にそう思えるのですが
レミケードが効いているので、エレンタールも飲んだり飲まなかったり
外食も多いようだし
来年から社会人であり、そろそろちゃんとした生活に戻さなければいけないハズなのだが
どうもイマイチのようである(ーー;)
社会人として勤めに出ればコントロールはもっと難しくなる事は
悪い見本のオイラを見てきてるハズなのだが・・・・
「夜間の経管だと寝れない・・・」なんて言い訳しているようでは、痛い思いをしないと駄目なんだろうなぁ・・・・
[PR]
by hisayuki320 | 2010-04-19 23:56 | クローン病な日々