BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

★ 9月25日・突然に

___________________________________________________________________________
夜中に、何だかお腹に違和感(-_-;)
眠れない・・・
腸閉塞かぁ?

朝方、何となく楽になったので「ホッ」として、今日の予定をキャンセルする事をカミさんに伝え眠りにつく
昼頃になり、胃のあたりがムカムカ・・・リバース
(;´д`)
気温も暑く、水分も摂れず脱水状態
これでは動けなくなっちまうなぁ〜っと、病院へ行く事に
さてっ、救急車?となるが、とりあえずは動けるし、そんなにひどい痛みでもないし・・・と、カミさんに車で病院まで搬送してもらう
ところが車中でドンドン痛みが増してくる、汗っ!
お腹がパンパンにふくれ、蛙のお腹みたい(*_*)
お腹から「エイリアン」でも出てくるのかよぉ〜っ!なんて気がしてくる痛さ

病院に着き、車椅子で夜間受付へ
受付のナースが「救急でふさがっていて、夜間受付は順番待ちですが宜しいですか?」との事
「宜しいですか?って言ったって他にどうする事もできないよねっ」と呟くカミさん

しばらく「う〜ん、う〜ん」唸ってたが、耐えるにも限界がある
カミさんに「救急車で他の病院に搬送してもらってくれ!」と頼む

カミさんがあわてて、さっきのナースにソノ旨を伝えると・・・「すぐ診察しますからお待ちください」だとっ(-_-;)
アンタ、大の男がケガしてないのに、車椅子使ってるの事態普通じゃないだろう!

すぐにレントゲン、CTを撮り、小腸〜胃までガスでパンパンなのを確認
完全に腸閉塞!(>.<)y-~

イレウス管をブチ込むのだが・・・
Drは見るからに新人さん(-.-)
「先生、それ何フレ?」って確認すると
「18フレです!」とDr
「とりあえず自分でやらせて!」と頼むと
驚きながらも「イイですよ・・・」と

18フレって太さの事なんだが、う〜ん小指ぐらい?のチューブ
さすがにブッ太いチューブだったが、一発で鼻の中に!

目の前で俺を取り囲んでたスタッフの目が
(((・・;)だったのは、痛さと脱水でフラフラな俺でも分かった(笑)

とりあえず入院となり、病室に運ばれる際
例の受付のナースが
「お待たせしてすいませんでした、私この仕事してて、あのチューブを自分で入れる人初めて見ました!」の一言

「患者の症状をよく確認しないと、大変な事になるよ!」と言いたいところであったが、朦朧としながらニッ!と笑い返すのが精一杯だった(^^ゞ
[PR]
by hisayuki320 | 2009-10-01 23:27 | クローン病な日々