BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

★ 思 う

_________________________________________________________________________
昨晩の事故の知らせで、寝不足気味のオイラ(∋_∈)oo0
首都高、夜中、居眠り、追突って言うんでヤバッ!と焦ったが
とりあえず自走で帰ってこれるとの事
相手車はオイラの車みたいな大型4WDだと言うので、損害は加害者側のコチラの方が酷いらしい
しかし、長いこと自動車事故関係の仕事してたオイラの経験では、追突の場合6、7割ぐらいが人身事故にからんでくる
その時は「大丈夫、大丈夫、何ともないから!」なんて相手が、事故から1週間以内で「やっぱり何か変なので医者に・・・」となる
オイラは追突の加害者には「一週間以上経たないと分かりませんヨ!」と念の為言っておいたもんです

そんな事もあり、自走がダメだった場合やら、相手の具合やらが心配で
「やっぱり駄目でした・・・」なんて電話があるかも? と待機してたら、歳だよねーっ!
いつの間にか寝てたデス(_ _X) zzzZ




幸いにも? 本日は午後から通院の為「半休」
午前中の仕事を気合でのりきり、昼過ぎに事務所を出れば外はメチャ暑!
夏だよなぁ~っ
f0127408_21405868.jpg

一旦、自宅で休憩し電車にて通院、いつもの「すぎさか胃腸クリニック」であります
問診、薬の副作用をチェックする為に胸部レントゲン、採血、診察
f0127408_21405850.jpg

異常なし!

息子のオペの事、仕事の事、知人の転院のお願い等、短い時間ではあるが先生と話すだけで何だかホッとする
杉坂先生とも長いお付き合いになりましたねーっ!
大学病院では気心が知れてくるとDrが転院してしまったり、開業して辞めてしまったり
近ければ慣れたDrについて行きたいと何度か思ったが、何故か通うには遠い場所ばかりだった
杉坂先生もいずれ何処かに・・・なんて思ってたら、我が家から30分圏内での開業でした
縁なんでしょうねーっ! ありがたかったデス
レミケード投薬といい、もしオイラが親父の時代に生まれてたら・・・・こんな歳まで生きれなかった事だろう
オイラのお爺ちゃんの時代だったら3歳でアノ世に・・・
オイラはいつも思うヨ!
「生きてるんじゃなく、生かされてるんだ!」と

先週、息子が通院時にお願いしてあった、東京都の医療費助成認定に必要な「臨床調査個人票」も受け取ってきたが、コレだってそうである!
クローン病自体が難病指定されてなければ、何のために働いてるんだ? なんて事になっちゃうだろうし
レミケードなんて投薬はできず、体調維持だって儘ならず・・・(+_+)・・

感謝!感謝!!
漫画のドラゴンボールで悟空が使う「元気球」だっけ?
皆の元気をチョットづつ集めてパワーに! なんてのがあったよねっ?
 
アレだねっ、周りの皆に相談にのってもらったり、笑わせてもらったり、バイクやキャンプで遊んでもらったりしてパワーを貰って過ごせてるんだと思う

皆、元気パワーをありがとう!!
[PR]
by hisayuki320 | 2009-07-14 21:40 | クローン病な日々