BAD PAPAの気ままな日々


by hisayuki320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

★ 息子の手術日

_________________________________________________________________________
昼、留守番に来てくれた隣の事務所の課長と交代して、息子の病院へ向かった!
少し動くとスグに汗ばむ陽気にゲンナリ(;´д`)

電車待ちの駅にて、カミさんにメールすると「午前中の患者さんのオペが長引いてて、まだ呼ばれません」との返事

自分の時も午後からだったが、待たされるのって嫌なものである(^_^;)
朝も送ったが「頑張れ~っ!」と、応援メールを再度送った
こんな経験はしないで済むのであれば、しない方がイイとつくづく思う
頑張れ!と言ってやる事しか出来ない辛さ(>_<)

新宿駅周辺は、遅めの昼食をとる、サラリーマン、OLがいっぱいだった
さすがに腹も減ったが、それは息子やカミさんも同じ事
メールの着信も無いので、息子のオペは始まってないのだろうと、人と車で余計に熱をおびたコンクリートの道を病院へ急いだ





結局、後に「あの時、急がなくても・・・」と思うのだが(笑)この時のオイラには知る術もなし(-_-;)

「ご家族の方は10時に来ていてください、予定だと12時半頃に予備麻酔・・・」と言われてたハズだが、オイラが息子の病室に着いた2時頃は・・・息子は昼寝で爆睡中だった(-.-)Zzz・・・・

まぁ、間に合って良かった!と思うも
待てど暮らせど、お呼びが来ない(-。-)y-~
f0127408_234790.jpg

最近は「エコノミー症候群」予防に、こんな靴下?をはかすんだねっ
f0127408_234731.jpg

結局、息子が呼ばれたのが午後5時(笑)

今回の息子は、3才の時の彼の様に、別れる時「ママも一緒に行こう!」とは言わなかったが、エレベーターホールで別れる際、オイラ逹夫婦は一瞬、20年前のアノ時間にタイムスリップしていた
手を振る息子の笑顔に「じゃーなっ!」と、手を振り返してた
f0127408_234725.jpg

後はお決まりの「待つだけ~っ!」
今回も心配して来てくれた姉貴と
学校が終わり、駆けつけた娘も合流し、待つ!
娘が気をきかせて買ってきた「ベーグル」をツマミながら待つ!
何事もなく最初の正面からのアプローチでとれれば2時間、駄目だとDrが他の科のDrと交代して背中から・・・・
時計の針は7時をまわった(・・;)


7時15分、名前が呼ばれた!(^∧^)

オペ室の前に案内され、暫く待つと執刀医のS先生がオペ室から出てきた!
「お待たせ致しました、綺麗にとれましたヨ!組織検査の結果は後になりますが、粗良性と思われます!
麻酔が切れるまで、後30程お待ち下さい」と説明される

良かった~っ\(^o^)/
まだ100%ではないが、良かったよーっ!

オペから戻った息子は痛々しい
麻酔がまだ少し効いてて、少し朦朧気味、身体には点滴、モニター、酸素マスク、オ○ッ○チューブ

「よく頑張ったなっ!」と声をかけると、苦しそうに渇いた声で返事する息子

こうして息子の長い1日が終った

オペ前の待ち時間に、息子と計画した「退職記念、日本縦断旅行」
コレで実現しそうだなっ(^.^)
[PR]
by hisayuki320 | 2009-06-23 23:04 | ファミリー